社員インタビューVol.5 : 緻密なデータ分析と厚みのある営業経験を基に、インサイドセールスと組織成長を哲学する

社員インタビューVol.5 : 緻密なデータ分析と厚みのある営業経験を基に、インサイドセールスと組織成長を哲学する


今回は、社員インタビューVol.5として三角(ミスミ)さんにインタビューを行いました。三角さんは 入社間もないタイミングから、社内のムードメーカーを担いつつ、チームビルディングからインサイドセールスのマネージ / リーディングに奔走と、非常にアグレッシブに社内活発化のエンジンの役割も果たしている存在です。ぜひインタビューをご覧ください!

これまでの経歴を教えてください

大学卒業後、先物取引の会社に入社し新規顧客獲得の営業に7年半従事。2社目の大手 PC メーカーではインサイドセールスを5年経験し、3社目のコンタクトセンター向けのソリューションを扱う SaaS ベンダーではインサイドセールスのマネージャーとして業務にあたってきました。そして次なるチャレンジ先として選んだのが、Allganize Japan となります。

Allganize に入社した理由

以下の2点が、Allganizeに入社した理由になります。
① 強い自社 AI プロダクトを持つ会社で働きたい
② 全体最適の組織を 1 から作りたい

①に関しては比較的ありふれたワードですが、これからの世の中 AI でできる仕事とできない仕事に分かれると思っていて、自分はできない仕事側、つまり AI を提供する側になりたいと思ったんですよね。

そんな中 Allganize は自社の AI プロダクトを持っていたこと、そして現状はコミュニケーション分野のチャットボットをメインにしていますが、その他経理向けの AI-OCR、データ解析向けの固有表現抽出、テキスト分類など展開しており、AI を起点にさまざまな分野に対してソリューションを提供し社会貢献ができそうだったことがきっかけです。

②に関しては、自分の経歴は大手企業から徐々に規模の小さい会社へ転職していったのですが、大手の会社ってなかなか全体最適の考えがなく、意見を上申してもあまり変わらないといいますか、現状維持な事が多いんですよね笑(もちろん全ての会社がそうではないと思います)

その理由について考えていた中、たどり着いた一つの仮説が、「強い自己防衛本能機能」です。新たな変化への抵抗だったり、分からないことが入ってくることを好まない傾向があるみたいです。

もちろんこれまでの自分自身の影響力や実力不足もあり、改善を試みても結果がでないこともあったのですが、だったらいっそまだ何も固まってない組織で一から作った方がいいのではないかなと思い、これが②の理由になってます。(もちろん自分も何か意見を言われた際に、一瞬自己防衛本能機能が働いたりもするんですが、抑えるようにして全体最適な組織になるようにと日々努めてます笑)


現在の業務内容とやりがい

ポジションとしては「インサイドセールスマネージャー」なんですが、色々やってます笑。インサイドセールスのメンバーとしてお客様に日々複数の方法でアポイントを取得、インサイドセールスのメンバーマネージメント、数字の管理、マーケティングと共に展示会等でのリード獲得、フィールドセールスとしてのお客様との商談、Salesforce のシステム管理者もやってます。

自分が求めていたのは大小あれどこういった全体に携わることができ、俯瞰してボトルネックを把握した上で全体最適を考えられることだったので、今はもうめちゃくちゃやりがいがあります。

いい意味で社内から具体的に「こうしろああしろ」っていう声はないんですよね。なので言われる前に動く、言われたことよりも一歩先の事をやる、そして結果を出し正解だと認めてもらう、という良いスパイラルやサイクルが実現するので、やりがいは大いにあると思います。

Allganize で今後チャレンジしたいことや実現したい夢

今考えていることは 2 点あって、① マネージャーから一段上のレイヤーで組織を担うこと、② Allganize のソリューションを事業化してその会社で代表になることです。

①に関しては自分自身インサイドセールスの分野を今まで主にやってきたので、その他部署にも携わり、メンバーにも教えを請いながら、メンバーと一緒に成長していきたいなと思ってます。また私はメンバーにモチベーションを持ってもらうことを重視していて、そのモチベーションを高めてもらうため、部署間の異動の決定権などの裁量を持っておきたいというのもあります。

②に関しては、代表の佐藤からも Allganize の AI が活躍できる世界は広く今後も多様な事業を創出していくという言葉を聞いているので、その時に真っ先に任せてもらえるような人材になっておきたいなと。今よりも段違いで大変だとも思いますが、また全然違う世界線が見えるのかなと思ってます。

Allganize にマッチする人とは?こんな人は Allganize がオススメ!

よくある言葉ですが、型にはまりたくない、全体最適を考えたい、色々挑戦してみたい、指示されずに自走していきたい、という感じの方かなと個人的には思っています。なんかこのフレーズはスタートアップの求人でよく見てましたが、もう自分が書いちゃってますね笑。

特にマーケットバリューを上げたいと思っている人はうってつけかなと。理由としては、一つの業務範囲に留まらず横断した経験を持ちながら、それぞれの業務のスペシャリティも高められるところだと思います。

私自身も正直まだまだ未熟ですが、どうやったら自分自身価値を上げれるか、メンバーのどこを活かしバリューアップできるかを日々考えてますので、これを読んで少しでも関心を持ってもらえたら嬉しいです!弊社 Allganize へのご応募お待ちしております!!

<社員インタビュー 一覧>

社員インタビューVol.0 佐藤さん(代表)
社員インタビューVol.1 杉本さん(セールス)
社員インタビューVol.2 稲田さん(セールス)
社員インタビューVol.3 利光さん(カスタマーサクセス)
社員インタビューVol.4 小林さん(経営管理)
社員インタビューVol.5 三角さん(セールス)
社員インタビューVol.6 池上さん(ビジネス開発)
社員インタビューVol.7 大塩さん(マーケティング)
社員インタビューVol.8 足立さん(カスタマーサクセス)
社員インタビューVol.9 板倉さん(セールス)
社員インタビューVol.10 ユジョンさん(通訳/翻訳)
社員インタビューVol.11 土井さん(カスタマーサクセス)
社員インタビューVol.12 三浦さん(セールス)
社員インタビューVol.14 ウンチョルさん(エンジニア)
社員インタビューVol. 15千田さん(セールス)