多くの企業が対話型AI(AIチャットボットまたはアンサーボットとも呼ばれます)の導入を進めています。これは、より少ない人員で、より迅速な顧客サービスを提供しながら、より高い顧客満足度を達成するためです。しかしその一方で、Gartnerの報告書によると、2018年にローンチされたボットの40%が サービス事業者の市場撤退などの理由によって、2020年内にクローズするだろうとの見通しを示しています。

ビジネスの成果を高めるための他のツール同様に、対話型AIにも導入に成功するためのいくつかの重要な要因があります。基礎となるAIモデルの性能のみを重視しているような場合、それは、当社プロダクトご利用クライアントの経験上から、正しい選択とは言い切れません。

Alli導入による対応工数の削減(Allganizeのホワイトペーパーより)

このホワイトペーパーでは、Allganizeの実際の顧客事例をもとに、企業で対話型AIを活用するために、 重要な4つの成功要因を紹介しています。4つの成功要因は以下の通りです。

1. 対話型AIを最も効果的に活用できるポイントを、正確に把握すること

2. AIはツールの一つ。使い慣れた他ツールとの組み合わせでシナジー効果を出すなど、 ユーザーの必要性に応じてAI活用を判断すること

3. プロジェクトの性質判断が重要。ヒトでなくAIが必要なプロジェクトに活用すること

4. 非エンジニアでも使える利便性と、柔軟なサービスプロバイダの対応により、 導入・運営の簡易さを確保すること

このホワイトペーパーでケーススタディーの詳細を確認し、成果を上げることができるAIを導入するヒントを見つけてください!

今すぐホワイトペーパーを入手