〜 先端AIによる業務DXを検討されている方は必見! 〜

Allganize Japan株式会社は、2022年5月11日(水)~ 5月13日(金)に東京ビッグサイト(東京国際展示場)で開催される 「第6回 AI・人工知能EXPO 2022【春】」に出展をいたします。​展示ブースでは、既に日米韓で多くの企業様に採用いただいている AIチャットボット「Alli(アリィ)」をはじめとして、解析業務のコスト削減を実現する最新の自然言語理解AIソリューションである「固有表現抽出」や「テキスト分類」などを展示いたします。

<Allganize Japanの出展情報はこちら>
https://www.nextech-week.jp/spring/ja-jp/search/directory/directory-details.org-ba3cfc25-221b-467e-b615-e598a16ea023.html#/

<ブース位置>
小間番号1-51

<出展概要>
展示ブースでは、業務DXを推進する最先端のAIソリューションをご紹介いたします。導入事例の解説や、製品のデモンストレーションなどを体験していただくことが出来ます。業務効率化をご検討されている事業者様は、ぜひお気軽にお立ち寄りください。

(1)AIチャットボット「Alli」 https://alli.allganize.ai/
Alliは、事前にトレーニングされた高度なAIを搭載しており、ユーザーの自由入力による各種質問、お問い合わせに自動応答します。 高いAI精度を備えながらも、多大な労力を必要とする主導のタグ付けをほぼ必要とせず、さらにはサービス導入・運用の容易さから、グローバルで高い顧客評価を得ています。 また、Alli独自の機能である「機械読解AI」を活用することで、FAQ化されていないドキュメントからAIにより回答の自動抽出を行うことが可能です。コストパフォーマンス観点でも高い評価を受けており、先端のAIチャットボットが月額10万円よりご利用いただけます。

(2)固有表現抽出機能(NER) https://api.allganize.ai/ner
該当のテキストの意味・意図をAIが理解し、客様が望む固有表現を抽出します。これまで活用ができていなかったデータを構造化することで、データベースの構築やマーケティング活動などに役立てることが可能となります。例えば、これまで目視で確認していたユーザーアンケートの内容をAIで解析することより、解析コストの大幅な削減を実現します。

(3)テキスト分類(Classification) https://api.allganize.ai/classification
企業内に存在する膨大な、煩雑なデータについて、弊社AIがテキストに含まれる意味・意図を解釈し、分類を行うことが可能です。例えば、コールセンターへの問い合わせ内容をAIにより自動分類することで、改善施策の実施などにご活用いただけます。

※ このような方におすすめ
・AIチャットボットの導入を検討されている方
・社内外の問い合わせ対応を効率化したい方
・アンケートや問い合わせなど各種データの解析を自動化したい方

<AI・人工知能EXPO春について>
会期:2022年5月11日(水)~13日(金)
会場:東京ビッグサイト(南展示棟)
時間:10:00~18:00(最終日のみ17:00終了)
概要:https://www.nextech-week.jp/spring/ja-jp/about/ai.html
ご来場の際には招待券が必要となります。e-招待券(電子版)はこちらから。
https://www.nextech-week.jp/spring/ja-jp/visit/e-ticket/ai_ex.html?co=AIS1-0098

<Allganize Japan株式会社について>
会社名:Allganize Japan 株式会社(オルガナイズ ジャパン)
代表者:代表取締役 佐藤 康雄
所在地:東京都品川区
設立:2019年1月
URL:https://allganize.ai

<本件に関するお問い合わせ先>
Allganize Japan広報担当:info@allganize.ai