データ連携nodeを活用してAlliからSlackチャネルにメッセージ(通知)を送信する事ができます。例えば、顧客がAlliのDEMOリクエストを行った場合、該当のSlackチャネルに通知が送信され、エージェントは顧客とすぐに会話を始めることが可能となります。

初めにAlli - Slack連携‌‌AlliアカウントとSlackの統合設定を行います。‌‌
Alliダッシュボードから[設定] > 連動 > Slackに移動して設定を行います。
‌‌設定の詳細については、Slack連携ガイドを参照ください。

次にメッセージを送信したいSlackチャンネルのwebhooks URLを取得します。URLを取得する方法は、Slackガイドを参照してくださいhttps://api.slack.com/messaging/webhooks

Incoming Webhooks設定ページではメッセージの送信者アイコンなど、さまざまな設定を変更することができます。
ここでは、まずwebhooks URLをコピーします。

Alli - キャンペーンの設定

Alliダッシュボードでチャットフローを設計します。
キャンペーンを作成した後、Slackにメッセージを送りたいポイントに外部データ連動ノードを追加します。下のチャットフロー例を参照してください。

上記のチャットフロー例では、顧客が「Alli DEMOの依頼」を選択すると、顧客とエージェントを有人チャットで連結するよう設定しています。
顧客からのリクエストが発生したときにSlackチャネルのエージェントにメッセージ通知を行う必要があるため、外部データ連携nodeを活用します。

(注:Slack Webhooksは何の値も返さないので、外部データ連携nodeの「失敗」は必ず次のノードと接続する必要があります)

データ連携nodeを設定する方法は以下の通りです。

1.メソッドとして、「POST」を選択します。
2.Slackから取得したWebhook URLをここに貼り付けます。
3.「ADVANCED」タブを選択します。
4.「送信する変数」フィールドに次のJSON形式を利用してメッセージを入力します。{"text":"送信メッセージ"}

送信するメッセージとして、以下の様に単純なテキストメッセージ、変数の値、リンクが含まれているテキストメッセージが可能です。

設定は以上で完了です。最後にチャット・フローをテストし、Slackにて正常にメッセージを受信できる事を確認ください。

▶Alliにてリクエストを受付

▶該当チャネルで通知を受け取る