Alliをより効果的に利用するためには、”変数”を活用することがポイントになります。
”変数”は、ユーザーとのコミュニケーション時に取得した情報を保存する箱となります。この情報は顧客エクスペリエンスをパーソナライズしたり、カスタマーチームに重要な情報を提供することができます。

メニューの概要

  1. [変数]メニューは[プロジェクト設定]内にあります。
  2. [カスタム変数]
    カスタム変数を追加/削除/編集します。
  3. [システム変数]
    システムで使用され、NLU APIによって指定された変数(SDK変数
    リストアップされます。 ダッシュボードで編集することはできません。
  4. ユーザー変数
    この変数は、それぞれのユーザーに依存します。
    変数の値は、ユーザー情報に格納されます。
  5. 会話変数
    変数の値は、会話が終了するまで保存され、次のダイアログでは、
    リセットされます。
  6. 選択した変数を削除または新しい変数を追加します。
  7. 各変数の要約
    MAILなどのデフォルトの変数以外は[編集]のアイコンをクリックして、
    変数を編集することができます。

変数を追加する


Alliには変数がいくつか事前に設定されていますが、ニーズに合わせて変数を追加作成することができます。変数を追加するには2つの方法があります。

<1.変数設定メニューから追加>
[変数の設定]メニューの[追加]ボタンをクリックします(上記の#4を参照)。 「新しい変数を作成」がポップアップ表示されます。

【名称】
変数の名前を入力します。
名前には、英数字、アンダースコア(_)、ハイフン(-)、またはピリオド(。)を含めることができます。文頭はアルファベットまたはアンダースコア(_)で始まる必要があります。

【タイプ】
変数タイプを選択します。
以下に注意事項を記載します。

• ファイル変数を使用すると、顧客またはシステムはファイルをアップロードできます。
• JASON、JSONリスト、文字列のリストは、上級ユーザー向けのオプションであり、外部JSONアドレスを必要とします。
• ファイル/ JSON /文字列リスト/JSONリストについての詳細は、以下のUser Guideを参照してください。

-リスト変数&ファイル変数
-変数の値を設定ノード」ノードで変数を使用する

【有用性】
文字列タイプを選択した場合にのみ表示されます。
文字列検証の詳細については、こちらのUser Guideを参照してください。
-文字列検証

【説明】
必要に応じて当該変数に関する簡単な説明を入力します。

最後に[適用する]をクリックし作成完了です。

<2.チャットフローエディターのノードから追加>
チャットフローの編集で利用するノードに、変数を入力するドロップダウンがあります。この中の「新しい変数の作成」をクリックします。

クリックすると、[変数の追加]ウィンドウが表示されます。

<3.チャット編集内@変数リストメニューから追加>

スキルキャンペーン(スキル)編集中は、画面右上の「@変数リスト」メニューをクリックして、変数リストを開き「+追加」ボタンを押すと、変数を追加することができます。

<補足>
• 一部のノードでは、特定の条件下でのみ変数のセットタイプを許可します。
チャットフローエディタで作成した変数が表示されない場合は、正しい変数タイプが選択されているか確認してください。

• チャットフローがオン/オフに関わらず、チャットフローで使用されている変数は削除または編集はできません。チャットフローがどの変数を使用しているかわからない場合は、チャット編集画面の右上の「@変数リスト」をクリックして確認することができます。

AllganizeのAIソリューション