ユーザーターゲティング機能を使用することで、Alliプロジェクトで管理している複数のスキルの中で、特定のユーザーグループに対して特定のスキルを表示させることができます。この機能では変数が重要な役割を果たします。したがって、Alliで定義している変数を初めて利用する場合は、このユーザーガイドを参照してください。

開始するには、対象のスキルをクリックして、[スキル]メニューでどのようなユーザーを対象にスキルを表示させるかを設定します。右側の[ユーザー]タブをクリックし、[追加]ボタンをクリックし、最初のターゲティング条件を追加します。

Alliにおけるユーザーターゲティングは変数を利用します。変数の横にある+アイコンをクリックして、変数を選択し、値を設定します。SDK変数とカスタム変数から選択できます。変数のタイプの詳細については、このユーザーガイドを参照してください。

変数を追加したら、スキルを表示させる条件を設定できます。下記の2つのこと注意してください。

  • 条件を満たさないユーザーには、ステータスがオンになっているスキルが表示されます。(複数のスキルがオンになっている場合はスキルの並び順に対し、一番上のものが表示されます。)ユーザーが条件を満たすスキルがない場合、そのユーザーにはスキルは表示されません。
  • スキルに設定されたユーザーターゲティングの設定がない場合、すべてのユーザーにスキルが表示されます。

以下は、ユーザーターゲィングとその条件を設定する方法です。

  1. 条件をチェックする変数。
  2. 変数をチェックする条件。ドロップダウンをクリックして演算子を選択し、条件の値を入力します。上記の例では、CHANNEL_NAME変数の値として「SLACK」を持つユーザーに対してスキルが表示されます。
  3. 条件セットとして複数の条件を追加する場合は、このボタンをクリックします。1つの条件セット内の複数の条件はANDロジックとして処理されます。
  4. 条件セットを削除するには、ここをクリックしてください(セット内の個々の条件ではありません)。
  5. 条件を削除するには、ここをクリックしてください(条件セットではありません)。
  6. 条件セットに1つ以上の条件がある場合、その下に空の条件セットが表示されます。ここをクリックして、空の条件セットに条件を追加できます。条件セットはORロジックと組み合わされます。

使用可能な演算子は変数の種類によって異なることに注意してください。以下は、各変数タイプの演算子です。ほとんどの演算子は自明であり、Date型の「within」および「notwithin」の場合、今日からの日数がカウントされます。たとえば、条件が「@DATEは5以内」の場合、@ DATE変数に保存されたその日付値が今日から5日以内であるかどうかを確認します。

複数の条件セットと条件が含まれている場合は、複雑な条件を作成してスキルを特定ユーザのみに表示できます。たとえば、ユーザーターゲティングを実際に利用することを想定すると、以下のように設定されている場合、メールアドレスがallganize.aiで終わるSlackチャネルの顧客、およびメールアドレスがtest.comで終わるすべてのユーザーに対してトリガーされます。

変数は、スキルの特定のノードで入力したり、Alli SDKをロードするときに事前入力したり、システム変数の場合は自動的に入力することができます。変数の設定方法について理解するのに役立つユーザーガイドとして下記もご参考ください。

AllganizeのAIソリューション