特定の情報をユーザーから収集する必要がある場合は、メッセージの送信ノードを使用して質問をして特定の変数に回答を保存するか、フォームノードを使用して簡単に収集する事ができます。

情報収集時に入力された情報(文字列)の検証機能を追加UPDATEしました。‌‌これにより、正しい情報を入力頂く事が可能となります。

この検証機能は、文字列型変数でのみ機能します。‌‌この新機能がどのように機能するかについて、以下で簡単に説明します。

<STEP1. 検証機能設定を使用した文字列型変数を作成する>

Alliダッシュボードにログインして、文字列型変数の作成を開始します。
変数の作成方法は以下の2パターンがあります。

1. [設定]メニューから変数を作成する

[設定]> [変数]> [カスタム]に移動し、[+追加]をクリックします。
[設定]メニューで変数を一般的に管理する方法については、こちらを参照ください。

2.チャットフロー編集で変数を作成する

チャット編集画面でノードに新しい変数を追加します。
[応答内容を以下で保存する]直下のドロップダウンメニューから[新しい変数を作成]をクリックすると、【変数追加】画面が表示されますので、文字列タイプを選択します。
選択後は【変数編集】が表示されますので、 変数に適用する検証タイプ(有効性)を選択し、ユーザーに表示するエラーメッセージを入力します。

現在、文字列検証機能は電子メールと電話番号についてのみ対象としています。 それ以外は、正規表現(正規表現)を使用してカスタム検証を作成する必要があります。正規表現については、この投稿の下部にある例をご覧ください。

<STEP2. 変数を使用したチャットフローを設計する>

現在、「会話・質問応答」または「入力フォーム」ノードで文字列検証機能を活用できます。

<STEP3. 文字列検証機能の有効性を確認>

PREVIEWを使用して、検証機能の動作を確認できます。
誤った入力が検出されると、警告メッセージが表示されます。
正しい入力を実施しなければ、次に進むことができません。

[高度な使用] Regexを使用したカスタム検証の例

^ [0-9] {2,3} $:2桁または3桁の数字

^(0 [1-9] | 1 [012])[-/.](0[1-9]|[12][0-9]|3[01])[- /.](19|20 )\ d \ d $:mm / dd / yyyy形式の日付

^ [0-9] {2,3} [-] + [0-9] {3,4} [-] + [0-9] {4} $:Alliが提供する電話番号の形式

(^ \ w [a-zA-Z0-9 _。+-] * @(\ w [a-zA-Z0-9-] * \。)+ [a-zA-Z] + $):メール形式Alli 提供する

「正規表現」については、Googleで検索する事で、正規表現形式の良い例を見つけることができます。