Alliのチャットャットフロー構築は非常に簡単です。
ノードのドラッグアンドドロップ、会話及び質問の入力、そしてノード同士の接続を行うだけです。会話・質問応答ノードは、会話の送信、質問応答、回答の保存を可能にする基本的なノードとなります。

会話・質問応答アイコンは、ノードアイコンバーの左端にあります。

会話・質問応答のEDIT

メッセージノードを送信すると、リッチメディアメッセージまたは画像付きのテキストをユーザーに送信(表示)できます。

1.[テキスト]・[イメージ]
[テキスト]を選択
フォーマットされたテキスト、画像(PNG、JPG、GIF)、および動画を含めて送信(表示)する事ができます。
[イメージ]を選択
画像(PNG、JPG、GIF)のみをノードに含めることができます。

2.メッセージのカスタマイズボタン
[B]太字:対象文章・単語を範囲を選択した後、アイコンをクリックすると、太字のテキストになります。
[I]斜体:対象文章・単語を範囲を選択した後、アイコンをクリックすると、斜体のテキストが表示されます。
Insert Link:リンクさせるテキスト範囲を選択し、アイコンをクリックすると、小さなポップアップが表示されますので、URLを入力して[送信]をクリックしてください。
Insert Image:アイコンをクリックして画像を挿入します。任意のJPG、PNG、またはGIFファイルをアップロードするか、それらの形式で画像のリンクを挿入できます。
Insert Video:YouTubeやVimeoなどのビデオURLを追加する事で、メッセージノード内にビデオをネイティブに埋め込みます。
テキストサイズ:選択したテキストのサイズを変更します。
テキストの色:選択したテキストの色を変更します。
書式のクリア:編集するテキストを強調表示し、[書式の削除]ボタンをクリックする事で、テキストをデフォルト設定にリセットします。

3.メッセージ入力:表示するメッセージ内容を入力します。

4.応答追加:こちらをONにする事でノードを”質問ノード”に変換する事ができます。
ユーザーの回答・ボタン選択の結果などの情報を取得し保持する事ができます。詳細は以下をご覧ください。

a.応答追加 - ボタン

応答追加をONにすると、チェックボックスの下に追加のフィールドが表示されます。

1.応答タイプ
 [ボタン]・[テキスト]・[ファイル]が選択できます。
2.オプションの追加
 ユーザーが回答を選択するためのボタンオプションを追加する事ができます。オプションを追加後、追加フィールドにユーザー応答のテキストを入力します。3.動的オプションの追加
 文字列リスト、JSON、JSONリストなどの動的変数を使用し、ボタンオプションを追加します。 詳細については、ユーザーガイド-リスト変数&ファイル変数のリスト変数の部分をご覧ください。
4.複数の応答選択を許可
 ユーザーに複数の回答を選択頂く事ができます。
5.応答内容を以下の変数に保存
 ユーザーの応答を変数に保存する事ができます。直下のドロップダウンメニューから選択、又は新規作成が可能です。尚、 [プロジェクト設定]ページの[変数]ページでも変数を新規作成が可能です。
6.入力を回答として検証する
 有効にした場合、変数の検証設定によって入力値を検証します。この機能の詳細については、以下のユーザーガイドをご覧ください。
- 自然言語入力設定
- 文字列検証

ボタンオプションの横にある[その他のオプション]アイコンをクリックすると、オプションの形式(書体等)を変更、削除が可能です。

オプションの形式を変更した後、ノードエディタでプレビューを確認できます。 この機能を使用して、特定のオプションを強調表示する事ができます。

b.応答追加 - テキスト


1.応答タイプ
 TEXTを選択した場合、チャットフローはユーザーがテキスト入力することを想定しているため、追加の設定は必要ありません。
2.応答内容を以下の変数に保存
 ユーザーの応答を変数に保存する事ができます。直下のドロップダウンメニューから選択、又は新規作成が可能です。尚、 [プロジェクト設定]ページの[変数]ページでも変数を新規作成が可能です。
3.入力を回答として検証する
 有効にした場合、変数の検証設定によって入力値を検証します。この機能の詳細については、文字列検証のユーザーガイドをご覧ください。

c.応答追加 - テキスト

1.応答タイプ
 FILEを選択した場合、チャットフローはユーザーが続行する回答としてファイルをアップロードすることを想定しているため、追加のセットアップは必要ありません。
2.応答内容を以下の変数に保存
 ユーザーの応答を変数に保存する事ができます。直下のドロップダウンメニューから選択、又は新規作成が可能です。尚、 [プロジェクト設定]ページの[変数]ページでも変数を新規作成が可能です。
ファイルタイプ変数の詳細については、ユーザーガイド-リスト変数&ファイル変数をご覧ください。