どの企業でも退屈で非生産的な、しかし同時に必要不可欠な業務が存在します。このような業務を処理することは担当者を疲弊させ、ひどい場合バーンアウトにつながることもあります。このような業務は従業員の創造性と業務意欲を下げ、顧客不満につながる可能性があります。業務の自動化は、この問題を解決し、ビジネスプロセスを効率化するための優れた選択肢です。

ロボットによる業務自動化(Robotic process automation、RPA)は、反復的なビジネスプロセスを自動化し、業務のスピードと精度を高めるソフトウェア技術です。高い顧客満足度が、何よりも重要な企業の差別化要因の一つである今日では、効率を改善し、時間を節約することで、顧客の期待を超えることができます。特定のレベル以上の品質管理が継続された場合、顧客からの信頼度は向上(定着化)する事はいうまでもありません。

RPAは、人間がデータ入力、取引管理、シンプルお問い合わせ対応など、簡単な業務を処理するプロセスを複製することで動作します。最近急速に普及しつつあるチャトボットインタフェースは、まさにこのロボットによる業務自動化の良い例です。

何を自動化するのか?

自動化の候補として適しているのはどのようなタスクですか?
自動化に適した操作の特徴は次のとおりです。

1.決められたルールに基づいて進行
2.反復性とボリュームの多さ
3.処理方法が決まっている
4.処理時間が正確
5.ビジネスプロセス/結果の記録が要求される

自動化のメリット

RPAは、クリーンなデータセットの維持、営業担当者の満足度の向上、およびカスタマーエクスペリエンスの向上を支援します。 RPAは、膨大な量のドキュメントから情報を抽出するプロセスを自動化できます。 企業は、RPAを使用して、データ入力のワークフロー全体(処理、更新、収集、検証)を自動化できます。 したがって、RPAは、トランザクション時間を数時間から数分に最小化することで生産性を向上させ、ビジネスインテリジェンスを向上させるためにクリーンで整理されたデータを維持することでエラーを減らします。

AIアンサーボット”Alli”は、自然言語理解(NLU)を使用して、ユーザーを理解し、繰り返しの会話を管理します。 スキルにインテリジェンスを追加して、ユーザー向けにエクスペリエンスをよりパーソナライズすることができます。 Alliを試して、業務自動化がビジネスにどのように付加価値をもたらすかを是非お試し下さい。