ユーザーから取得しなければならない様々な情報について、ユーザーに入力頂く際に活用できる便利な機能です。
また、Alliに登録されたエージェント宛に簡単にメールを送信することもできます。
この機能を利用して、設定フォームに即した内容で受付や申請などをメールで受信することもできます。

入力フォーム”ノードはノードメニューのこちらになります。

入力フォームノードは、大きく三つの部分で構成されています。
最初のメッセージ部分には、ユーザーにフォームの作成を依頼する内容のメッセージを記載します。

次に、ユーザーに入力または選択項目を設定します。
新しい入力項目を追加するには、[+ 項目を追加]ボタンをクリックします。

[適用]を押すと以下のエディタが表示されます。
スキルに表示するラベルを入力し、ユーザーが入力または選択した情報を格納する変数を選択します。「任意」にチェックすると、その項目を入力または選択せずともフォームを送信することができます。

「回答オプションを追加」をオンにすると、上記のように、複数の選択肢項目に変換されます。この時、[+ 回答オプションを追加]ボタンを押すと、「一般」または「動的オプション」を選択して回答を追加することができます。動的オプションの詳細については、こちらの関連ガイドを参照してください。
また、「複数選択可能」をチェックすると、ユーザーは複数の回答を選択できるようになります。

なお、回答オプションに画像を追加したい場合は、オプションタイプを選択して、画像を選択するか、画像フィールドにドラッグ&ドロップします。

追加した画像は、スキルエディタで確認ができます。
画像はチャットウインドでラベルテキストとともに表示され、クリックすると拡大表示されます。

スキルエディタで画像を確認することができます。

画像はチャットウインドでラベルテキストとともに表示されます。

項目の設定が完了したら、[適用]ボタンを押して保存します。
項目をさらに追加する場合には、再び「+ 項目を追加」を押し、上記のプロセスを繰り返します。

エージェントにメールで送信」にチェックをすると、ユーザーが入力したフォームをエージェントに電子メールで送信できます。 特定また複数のエージェントを選択するか、選択しないままにして、すべてのエージェントに電子メールが送信されます。項目がチェックされていない場合、電子メールは送信されませんが、各変数に保存されます。

適用」をクリックしてノードを保存すると、チャットフローエディターに、このように表示されます。

実際にユーザーに表示される画面は、以下の通りです。

また、フォームにファイルをアップロードすることも可能です。 変数フィールドでファイルタイプ変数(@FILE)を選択するだけです。

AllganizeのAIソリューション