今日(9月4日)は、人工知能の分野で多くの業績を残した偉大な科学者、ジョン・マッカーシー(John McCarthy)の誕生日です。彼の誕生日を記念して、私たちは彼の人生と多くの貢献について簡単に紹介したいと思います。

ジョン・マッカーシーは、米国のコンピュータ学者であり、人工知能(AI)の先駆者と呼ばれます。「ユーザーと対話できる人工知能プログラムの開発」を目指し、そのオープンな研究姿勢はIT(情報技術)研究者や業界に大きな影響を与えています。彼は電算学科数学の分野で数多くの業績を遂げており、これらの多くが、人工知能とインタラクティブコンピューティングシステムの発明につながりました。AIの分野で彼の代表的な貢献の一つ、1956年に世界的な電算学者たちと一緒に行ったダートマス大学学会で「人工知能」という用語を初めて作り出したということがあります。マッカーシーはここでAIを「高度の知能を持つコンピュータデバイスを作成するための科学技術」と定義しました。その学会がAIの未来を作り上げたと評価されている科学者の偉大な旅の始まりでした。

1958年マッカーシーはラムダ計算を利用してLISPというプログラミング言語を作成します。この言語は主に人工知能アプリケーションを開発するために使用されており、インターネットをベースとしたサービスやロボットなどの応用分野でも広く利用されています。LISP言語の発明は、高度の人工知能の開発に最も重要な通過点でした。

マッカーシーは、AIプログラムに必要な知識は論理的な言語で宣言的な文を使用して表現する必要があることを示唆し強く主張しました。 宣言的な文を使用するという提案は、論理的な文は特定のプログラムで使用されるのではなく、より広いコンテキストで真である可能性があるというマッカーシーの見解に基づいています。 宣言的知識を使用して機能する可能性のあるAIアプリケーションに関する彼の研究は、多くの学者たちに影響を与え、実用的なプログラムの誕生と発展に貢献しました。常識的な知識を使用した論理システムを作成する際の課題に対処するため、McCarthyは、デフォルトの知識を使用してさまざまなコンテキストを考慮するようにロジックを拡張することにより、AIの分野を発展させました。

タイムシェアリングは、今日クラウドコンピューティングとして私たちが知っているコンセプトの最初の基盤と見なされることがよくあります。マッカーシーは初期のタイムシェアリングシステムの作成に大きく関与し、インターネットの成長に大きく貢献しました。タイムシェアリングシステムは、コンピューターリソースを分散する方法を作成するという彼の提案から生まれました。彼のアイデアは、情報共有のための主要なコンピューティングパラダイムの設計と実装に役立ちます。このアイデアはマルチプログラミングアプローチの論理的な拡張であり、異なる端末にいる人々が同時に類似のコンピューティングリソースにアクセスできるようにします。 「タイムシェア」ができるというアイデアは、ユーザーが大規模な計算を手頃な価格で実行できるようにするでしょう。マッカーシーは、人々が同じ時間に対話することを可能にする対話型ネットワークの開発を促進する対話型コンピュータを提案しました。このアイデアは、MITコミュニティの科学者にこの提案を受け入れ、互換性のあるタイムシェアリングシステムを開発するよう促しました。その結果、インタラクティブシステムに関する彼のアイデアは、タイムシェアリング機能のためのインタラクティブコンピューティングシステムの未来を形作りました。

さらに、マッカーシーは1965年にスタンフォード人工知能研究所(SAIL)を設立してAIの未来を形作りました。設立後、SAILは人工知能の研究、理論、および実践における卓越した拠点となりました。 研究所で実施されたAI研究の中には、機械知能、自動運転車、およびグラフィカルなインタラクティブコンピューティングが含まれていました。 研究所の設立を通じて、マッカーシーは人工知能の発明を形作り続けているさまざまな理論と実践的なアイデアに大きく貢献しました。 SAILにいる間、彼はAIシステムの達成と遺伝暗号を操作する能力が21世紀の主要な科学的発展の1つになると予測して、SFと将来のテクノロジーに関するいくつかの記事も公開しています。この様に、ほとんどのAIシステムは、マッカーシーが科学論文に提案したアイデアを組み込むことによって開発されているのです。