Alliのチャットフローエディターは直感的なGUIにより、誰でも簡単にチャットフローを設計する事ができます。

<編集画面>

キャンペーンタイトル
キャンペーンのタイトルが表示されます。キャンペーンのタイトルは、チャット編集画面及びダッシュボードのメイン画面で変更が可能です。

自動保存メッセージ
チャットフローの編集は自動的に保存されます。 変更を加えると、「保存中」というステータスが表示され、完了すると「変更内容を保存しました。」に変わります。

プレビュー
編集したチャットフローをテストするには、ここをクリックしてください。実際にユーザーが利用するチャットボット環境の確認ができます。

ON/OFF管理
チャット編集で作成したキャンペーンについて、ユーザーへの提供設定を行うボタンです。「OFF」が初期値に設定されており、「ON」に設定を変更することでエンドユーザーに対するチャットボットの提供を開始いたします。
また、本ボタンが「ON」に設定されている場合、チャット編集は実施できません。修正が必要な場合には、「OFF」へと設定変更をした上で実施してください。

Startノード
チャットフローの開始。 削除することはできません。 ユーザーに表示される最初のノードに開始ノードを接続します。

ノード
チャットフローとは、フローに従って次のノードを実行することを指します。
上記の例では、会話開始のメッセージとして、Alliは「AIアンサーボット”Alli”です!」「メニューを選択ください。」を表示します。
Alliで利用可能なさまざまなタイプのノードの詳細については、下部記載の「ノードバー」セクションを参照し、リンクをクリックしてください。

ノードエディタ
編集アイコンをクリックすると、ノードエディタが開きます。 ここでノードのコンテンツを編集できます。 詳細については、下部記載の「ノードバー」セクションの各ノードガイドへのリンクを参照ください。

分岐パス
一部のノードでは、分岐パスを設定し、各パスから異なるフローを設定する事ができます。 上記の例では、ユーザーの「FAQを確認」又は「DEMOのリクエスト」からの選択に応じて、異なるパスが設定できます。

FLOW
フローを作成するには、前のノードの紫色の点から次のノードの任意の場所にドラッグをします。 上記の例では、フローはStartノードから質問ノードにドラッグすることによってフローを作成しています。

チャット編集基本チュートリアル
チャットフローを設計するための基本的なウォークスルーチュートリアルが再生されます。

ズーム
ズームインまたはズームアウトして、ページの視認性を調整します。

変数リスト
当チャットフローで利用している変数又は全ての変数のリストを表示します。

<ノードBar>

チャットフローを構築するには、ノードを作成/編集し、フロー(矢印)で接続する必要があります。各ノードに関する詳細は以下を参照ください。

1.会話・質問応答
ユーザーへのメッセージを表示したり、質問することができる最も基本的なノードです。ノードのタイトルは、会話メッセージだけを表示した場合には「会話応答」、応答を追加して質問を行なった場合には「質問応答」と表示されます。顧客の応答内容は、「変数」を利用して保存することができます。

2.エージェント応答
ユーザーに対して、より詳細な対話が必要な場合は、本ノードを活用してエージェントに連絡をとることが可能です(アラートメールがエージェントに配信されます)。メールを受信したエージェントは、「会話履歴」メニューの該当の会話から直接チャットによる会話を開始することができます。

3.条件応答
ユーザーが入力した情報を「変数」に格納し、その「変数」に対する条件を設定し、条件毎に分岐処理を行うことができるノードです。変数への入力値に対して True/ False を設定し、分岐処理を指定できます。

4.キャンペーンに移動
他のキャンペーンにユーザーを移動させたい場合には、本ノードを活用ください。選択項目から移動先のキャンペーンを選択し「適用」ボタンを押すことで設定を確定することができます。移動先のキャンペーンについては、事前にキャンペーンを ON にしておく必要があります。

5.FAQ応答
顧客が入力した質問文章やキーワードに対して、FAQメニューの登録内容に基づいて自動応答をします。顧客が入力した内容を、変数に保存することも可能です。

6.文章から回答 
機械読解:MRC(Machine Reading Comprehension)AIは、Alliにアップロードされたドキュメントからユーザーの質問に対する回答を抽出して表示します。

7.データ連携
Alliが外部サーバとリアルタイムで通信し、指定の情報を外部から取得したり、指定の情報を外部に送信することができるノードです。送受信する情報は、事前に変数に指定することで利用が可能となります。
各種変数の設定は、「メイン画面 > 設定 > 変数」で管理することができます。

8.インテント応答(オプション機能)
別途設定した「自然言語理解 AIモデル」との連携によって、顧客の会話内容のインテント(会話意図)を理解し、アクションを分岐できる機能です。インテント毎に処理を分岐させることも可能です。

9.スロット応答(オプション機能)
指定の特定情報について、顧客に入力を促し、入力内容を変数へと保存するノードです。

10.カスタムUI送信
カスタムUI送信は、チャットフローのカスタムユーザーインターフェイスにデータをプッシュする事ができます。(チャットフローの会話に基づいて、適切なデータを動的に取り込みます。)
例えば、Alliチャットフローで使用されるカルーセルを実装する事ができます。

11.バリュー変換
チャットフローのユーザー変数またはその他の詳細の値を更新する必要がある場合は、更新する変数をノードに追加し、新しい値を入力します。会話がノードに到達すると、値が動的に更新されます。

12.入力フォーム
Dialogに従って任意のフォームを設定し、ユーザーから情報を取得後メールでエージェントに送信する事ができます。

13.オブザーバー追加
チャットフローを監視し、割り当てられた値の変更を検出すると、チャットフローの途中でアクションをトリガーします。例えば、特定のキーワードが入力した場合に指定したキャンペーンに移動させるといった利用です。当ノードは条件応答ノードと組み合わせて利用する事が有ります。

14.ジャンプポイント
キャンペーンにジャンプポイントノードを追加して、[キャンペーンにジャンプ]ノードの宛先ポイントに移動する事ができます。