データ連携ノードを使用すると、チャットフローが当該ノードに到達したときに、サードパーティとの間でデータを送受信する事ができます。 このノードの活用につきましては、ソフトウェア開発の知識が必要になる場合があります。

データ連携ノードには、さまざまなフィールドと機能があります。

URL and Headers

URL:送信または受信するURLを入力し、ドロップダウンからアクション
     を選択します。GET、POST、PUT、DELETEから選択します。
Headers:必要に応じて「+ Add header」をクリックし、ヘッダー情報を入力
     します。右上の「 - 」アイコンは、削除ボタンです。
URLとヘッダ、両方で変数を利用することができます。URLフィールドのアイコンをクリックすると、定数/パラメータの入力を切り替えることができます。

データ送信(送信変数)

タブをクリックし、Simpleモード・Advancedモードを選択することができます。

Simple Mode

Simpleモードでは、「+データ追加」をクリックし、送信するデータを追加することができます。右上の「 - 」アイコンは、削除ボタンです。
上下それぞれのフィールドに”Key”と”値”を入力します。値フィールドのアイコンをクリックすると、定数/パラメータの入力を切り替えることができます。

Advanced mode

Advancedモードでは、変数名を含むJSON形式を直接入力します。

データ受信(受信変数)

タブをクリックし、Simpleモード・Advancedモードを選択することができます。

Simple Mode

Simpleモードでは、「+変数を追加」ボタンをクリックし変数を追加することができます。右上の「 - 」アイコンをクリックすると、削除することができます。
ドロップダウンから受信した値を格納する変数を選択します。JSON形式をサポートします。
「Optional」をチェックすると、その変数の値を受けて来なくても、「成功」に進むように設定することができます。

Advanced mode

Advancedモードでも「+変数を追加」ボタンをクリックして変数を追加することができます。右上の「 - 」アイコンをクリックすると、削除することができます。
Advancedモードでは、フィールドに入力されたJSONパスで値を読み込んで、指定した変数に格納します。パスは変数と同じ名前である必要はありません。

URLから特定のデータが見つからない場合に「成功」を返すには、「オプション」をクリックします。

データ連携失敗時のメッセージ

データの取得に失敗したことを通知する際のメッセージを編集する事ができます。