バリュー(値)変換ノードで変数の値に計算式を指定することができます。簡単な数式だけでなく、様々な関数も利用する事ができます。

この機能を使用するには、まず、バリュー(値)変換ノードを作成します。「変数を追加」をクリックし、対象の変数を指定して「数式」の形式を選択します。「割り当てられる数式」フィールドに計算式を入力します。

上記の例の様に、数式に変数を含めることもできます。
使用できる演算と関数は以下の通りです。

基本的な計算

  • +, -, *, /, ( )
  • % (係数)
    Example: 100%2 = 0, 100%8 = 4.
  • ** (乗数)
    Example: 100**2 = 10,000.

関数

すべての関数は、関数名()の形式で使用します。例えばabs(-5)などです。

  • to_number: 値を数値形式に変換します。
    Example: to_number('4') = 4
  • to_string: 値を文字列形式に変換します。
    Example: to_string(7) = '7'
  • to_boolean:値をブール形式に変換します。
    Example: to_boolean(1) = True
  • length = 値の長さを返します。
    Example: length('abcde') = 5
  • abs = 値の絶対値を返します。
    Example: abs(-5) = 5
  • sin, cos, tan = sin、cos、tanの値を返します。
    Example: tan(90) = 1
  • ceil, floor = 切り上げまたは切り捨ての値を返します。
    Example: floor(2.1) = 2
  • random, random_int = raandom、random_int = random()は、0から1までの乱数値を返します。random_int(min、max)は、最小値と最大値の間のランダムな整数値を返します。
    Example: random_int(-1, 2) = -1, 0, 1, or 2