Q&A設定では、Q&A表示のしきい値などを変更することでAlliのQ&A検索の動作を設定することができます。 例えば、AIをより柔軟に(閾値を低く)設定することで、類似の回答候補に加え、関連するQ&Aを表示することができます。

ナレッジベース > Q&A設定を開きます。
当該アイコンは、「Q&Aモデルトレーニング」ボタンの下側にあります。

Q&A設定ついて説明する前に、ユーザースコアに関して以下の図をご確認ください。 Q&Aの下の検索フィールドに質問を入力すると、信頼度と調整後の信頼度を含むQ&Aプレビューの結果が表示されます。

信頼度は、AlliのAIが検索クエリに関するQ&Aとの類似値が表示されます。
調整後の信頼度は、ユーザーのQ&A選択結果のフィードバックを反映した値になります。
調整後の信頼度については、こちらのユーザーガイドを参照してください。

質問の類似性基準値

Q&A検索では、質問の類似性基準値よりも高い調整後の信頼度を保持するQ&A
のみが表示されます。 以下の例を確認してください。

上段のスクリーンショットは、質問の類似性基準値を0.55に設定、下段のスクリーンショットでは0.7で設定したものです。上段では56%のQ&Aが表示されますが、下段では、信頼度が70%以下のQ&Aは表示されず、レビュー結果が異なることが確認できます。

質問が疑問符で終わる場合のみダイレクト回答

この設定では、直接回答を許可するかどうかを決定します。
オンにすると、Alliは疑問符で終了した質問にのみ直接回答を行います。

回答の類似性基準値

Alliは、ユーザーからの質問をQ&Aの回答内容と比較し、Q&A提示リストを決定することができます。ここでは、 AIが類似の回答候補を表示するための閾値設定を行います。

質問候補の表示件数

設定は簡単です。 たとえば5に設定すると、Alliはユーザーの質問に対して5つの提示を行います。
なお、調整後の信頼度が質問の類似性基準値より低いQ&Aは表示されません。 質問の類似性基準値を超えるQ&Aが3つしかない場合、この表示設定に関係なく、3つの類似質問が提示されます。

キーワードマッチの優先度

このしきい値は、検索クエリにおけるキーワードの重要性を決定します。
高い値に設定すると、Alliは一致するキーワードを持つ回答をより優先します。
なお、この設定だけでQ&Aの検索結果を調整することは容易ではありませんので、他の設定も変更しながら検索結果をプレビューし確認してください。

ユーザー行動の信頼度への影響

こちらでは、Alliが顧客の選択結果に応じた調整後の信頼度への影響度を設定します。 詳細については、こちらのユーザーガイドを参照してください。

ここで[リセット]ボタンを押すと、調整後の信頼度はリセットされ、値を元のスコアに戻します。

その他の設定

質問および回答に設定適用
設定の適用範囲を設定します。デフォルトでは質問・回答双方に設定適用としています。
尚、 回答の類似性基準値は、このオプションがオンの場合にのみ機能します。

質問候補に「質問および回答」を表示
デフォルトではオフの設定としています。
オンになっている場合、ユーザーへのQ&A提示の際に回答の一部が含まれます。

ONにした場合のSDK表示例。質問と回答を表示します。

設定値の表示

現在の設定値は0.7(70%)

各設定の簡易説明表示例:「i」アイコンの上にカーソルを置くと、各設定の簡単な説明が確認できます。

AllganizeのAIソリューション