バリュー(値)変換ノードにおいて、値の割り当てに変数も対象として更新できる仕様を追加しました。
バリュー(値)変換ノードの使用方法を確認するには、こちらのユーザーガイドを参照ください。

本ユーザーガイドでは以下の変数を利用します。
LHS(左側)変数:他の変数を割り当てる変数を意味します。
RHS(右側)変数:他の変数に割り当てられる変数を意味します。

この特定の機能は、JSONレスポンスから2つ以上の値を参照する必要がある場合に便利です。この機能を十分に活用するには、JSONに関する基本的な知識が必要になる場合があります。

STEP1.  [バリュー(値)変換]ノードで[+ ADD VARIABLE]をクリックし、LHS変数を選択します。

STEP2.  LHS変数を追加すると、値フィールドが表示されます。
フィールドの小さなアイコンをクリックして、変数値と定数値を切り替えます。

STEP3. RHS変数を選択します。

LHS変数には同じタイプの変数のみを割り当てることができますが、JSONおよびJSONリスト変数は、その特性により常に選択できます。
JSONまたはJSONリスト変数を使用する場合は、JSON pathを入力する必要があります。

以上でバリュー(値)変換ノードにおける設定は以上です。

STEP4. 外部データ連携ノードで設定する。

外部データ連携ノードにて、JSON変数を利用し、設定を行ってください。