1. ノード:編集画面でアップデートした内容が表示されます。上下左右に位置するポイントを引っ張り、矢印線で他のノードに接続します。
  2. テキスト/イメージ選択:入力内容の形式を選択できます。
  3. 入力内容を設定:多彩な様式で、表示内容の入力を行うことができます(太字、斜体、リンク挿入、イメージ挿入、ビデオ挿入、書式クリア)
  4. メッセージ入力:表示したいメッセージ内容を入力するエリアです。
  5. 応答追加:顧客へ応答や選択を求める場合には、こちらのチェックを行うことで応答追加が可能となります。

[応答追加 - ボタン画面]
顧客に対して、事前に設定した選択肢を表示することができます。

  1. 応答タイプの設定:顧客に対する応答形式を設定します。ボタン / テキスト の両タイプを設定可能です。
  2. 応答内容の入力:選択肢のボタンに表示する内容を設定します。右側の「 - 」ボタンを押すことで選択肢の削除も可能です。
  3. オプションを追加:顧客に表示する選択肢オプションを追加することができます。追加選択肢に本数制限はありません。
  4. 複数の応答選択を許可:本設定を許可することで、顧客は複数の選択肢を同時に選択することが可能になります。
  5. 応答内容の保存:顧客が入力、選択した内容を、「変数」を指定して保存を行うことが可能です。

[応答追加 - テキスト画面]
顧客がテキスト入力した情報を応答内容として取得したい場合は、本画面より設定を行います。

  1. 応答タイプの設定:顧客に対する応答形式を設定します。ボタン / テキスト の両タイプを設定可能です。
  2. 応答内容の保存:顧客が入力、選択した内容を、「変数」を指定して保存を行うことが可能です。