チャット編集に「連携(ベーシック)」という新しいノードを追加しました。この新しいデータ連携ノードにより、ユーザーはサードパーティのサービスをAlliに簡単に接続し、特定のアクションを実行できます。たとえば、従業員がAlliを使用して有給休暇のリクエストが送信されたことをSlackの人事部のチャネルで確認することが可能です。

連携ノードは下記のようにベーシックとアドバンスドがあり、本ユーザーガイドでは連携ノード(ベーシック)について説明していることにご注意ください。

チャット編集画面でノードがどのように表示されるかを下記にて示します。

  1. 連携する外部サービスを選択します。
  2. 外部サービスとの連携においてどのアカウントと連携するかを選択します。プロジェクト設定でアカウントを追加する必要があります。詳しくは次の段落にて記載しておりますので、ご確認ください。
  3. 実行するアクションを選択します。使用可能なアクションは、接続されている外部サービスごとに異なります。
  4. 選択したアクションの詳細を決定します。たとえば、接続するサービスとしてSlackを選択し、アクションとして「メッセージの送信」を選択した場合、ここでメッセージを送信するチャネル、メッセージの送信者、および送信するメッセージを設定できます。

外部サービスと連携するには、各サービスで使用するアカウントをAlliにて登録する必要があります。Alli管理画面>[プロジェクト設定]> [外部サービス連携]> [連携ノード]に移動して、連携可能な外部サービスで利用しているアカウントをAlliに登録することができます。外部サービスのアカウントを追加し、[接続]ボタンをクリックしてください。

利用可能な外部サービスでのアクションについて

連携した外部サービスでの利用可能なアクションは2021年11月5日時点では、単純なアクションのみをサポートしていますが、今後も連携可能な外部サービスとアクションを追加していく予定です。下記にて、「連携可能な外部サービス-アクション」という記載でまとめます。

Slack-メッセージ送信

選択したSlackチャンネルまたはメンバーにメッセージを送信できます。チャンネルまたはメンバーの名前、送信者(Alli アプリまたは連携済みのユーザーアカウント)を選択し、送信するメッセージを入力できます。下記の設定画面もあわせてご確認ください。

Teams-メッセージ送信

選択したチームチャネルまたはメンバーにメッセージを送信できます。チャンネルまたはメンバーの名前を選択し、送信するメッセージを入力します。メッセージは常にTeamsのAlliアプリから送信されます。また、TeamsをIntegrateノードに接続するために使用するアカウントは管理者アカウントである必要があります。下記の設定画面もあわせてご確認ください。

AllganizeのAIソリューション