[外部データ連携 画面]

* Get External data Node:外部URLと交わすデータの変数を示しています。データ通信の成功/失敗したかに応じて、他のノードに分岐移動することができます。  

  1. ノード:編集画面でアップデートした内容が表示されます。
  2. URL:ノードとデータ送受信するAPIのURLを入力します。
  3. エクスポート変数:APIにパラメタとして送信する変数を選択します。JSON形式をサポートしています。
  4. 受信データ:APIから受け取るデータを格納する変数を設定してください。
  5. 成功しました:データ送受便が成功したあとの処理を指定できます(次のノードへ矢印の設定により遷移)
  6. 失敗しました:データ送受便を失敗したあとの処理を指定できます(次のノードへ矢印の設定により遷移)

外部データ連携のサンプル

次のURLから外部データ連携ノードのテストを行うことができます。https://backend.alli.ai/external_demo/NAME/view  

  1. URL「NAME」を別の名前に変更します。例は次のとおりです。 https://backend.alli.ai/external_demo/john/view
  2. KEY = VALUEのフォーマットでkey-valueペアの値をテキストブックに入力します。 入力した値が外部データ連携ノードで予想された値と一致することを確認します。
  3. SUBMITボタンを押して送信します。