インテント応答ノードスロット応答ノードは[設定] > 自然言語理解メニューにて、自然言語理解(NLU)モデルとの統合が有効になっている場合に使用することができます。
インテント応答ノードを使用するには、Text Classification(テキスト分類)の基本的な知識と、Text Classification用のAllganize_NLUダッシュボードのアカウントが必要となります。詳細については、こちらをご確認下さい。

以下にインテント応答ノードとそのEditorについて説明します。

1.ノードで検出されたインテントに応じてスキル分岐をすることができます。

2.インテントを把握する入力の種類を決定します。
  テキスト入力を選択すると、顧客が入力した場合、顧客が直接入力した
  メッセージを入力として利用し、変数を選択すると、指定された変数の値
  を利用します。

3.入力ソースとして[USER_INPUT]が選択されている場合は、
  このフィールドにメッセージを入力し、ユーザーにテキスト入力を促す事が
  できます。
  [VARIABLE]が選択されている場合、このフィールドは変数ドロップダウンに
  変わります。

4.事前に定義されたインテントをリスト形式で追加します。
  使用可能なインテントはNLUダッシュボードで設定されたインテントに
  基づいて決定されます。

5.選択されたインテント値を変数に保存します。