Q&Aから回答ノード機能を利用するためには、事前にQ&AリストにQ&A情報をアップロードする必要があります。
詳細については、こちらのユーザーガイドを参照してください。
Q&A チャットセッティング

Q&Aから応答ノードアイコンはこちらです。

Q&Aから応答ノードとエディターは次のようになります。

  1. 質問の取得方法を決定します。
    「ユーザー入力」を選択すると、ユーザーに表示するメッセージを入力できます。  ユーザーはメッセージを見たあと、Q&Aチャットに質問をすることができます。
    「変数」を選択すると、変数を割り当て、その値を質問として使用できます。
    この場合には、質問があらかじめ与えられていることになるため、チャットフローがQ&Aから回答ノードに到達すると、すぐに回答検索が開始されます。
  2. Q&Aに正常に回答すると、AlliはQ&Aから回答ノードプロセスを繰り返して別の質問に繰り返し回答を行います。(例外については、以下に記載の「No.7」を参照してください)。なお、チェックがオフの場合、1で入力したメッセージは繰り返されません。 また、「No.1」の質問ソースとして「変数」を選択した場合は、このオプションは表示されません。
  3. ユーザーの質問に対して提示することができるQ&A候補がない場合、Alliは[ドキュメント]タブにアップロードされたドキュメントから回答文を自動的に検索します。 詳細については、ドキュメントから直接回答を取得するを参照してください。
  4. 「3」で説明のドキュメント機能から直接回答を取得できた場合、別のフローを設定できます。
  5. 対象範囲として、ハッシュタグを選択した場合、このQ&Aから回答ノードは、指定したハッシュタグが付いたQ&Aのみを対象に検索します。また、変数を選択することもでき、変数の値が存在するハッシュタグの値のいずれかと同じ場合に動作します。

6. ユーザーの質問に基づいて、指定されたチャットフローに移動ができます。

7. このオプションをオンにすると、Q&A質問の繰り返しはなく、「その他」
   オプションからチャットフローを別のノードにルーティングします。
   "Other" オプションの追加がオフの場合、Q&Aが繰り返されます。

<Q&Aから回答ノードを使用したチャットフロー例>

上記のチャットフローは、Q&Aから回答ノードのAからEまでの各アクションが異なるノードにルーティングしている例です。

A:Q&A対象範囲を「#company」ハッシュタグに設定しています。
B:その他を選択した場合に指定したノードに移動します。
C:ドキュメントから直接回答を得られた場合に指定したノードに移動します。
D:ユーザーの質問に対して、Alliはいくつかの類似質問を提示しましたが、
 ユーザーは「該当する質問がありません。」を選択。選択された場合、
 指定したノードに移動します。
E:Q&Aに類似質問がなく、ドキュメントにも該当の回答文章がない場合に指定したノードに移動します。

8. ユーザーの応答を指定した変数に保存します。

Q&Aから回答ノードはAlliで最も重要なノードの1つです。
以下にQ&Aから回答に関係するユーザーガイドを纏めました。ご参考ください。

- Q&Aセッティング
- ナレッジベース
- ドキュメント機能(機械読解AIによるQ&A作成支援)
- アップロードされたドキュメントからの直接回答
- 画像を含んだQ&Aのアップロード
- リンクとテキストスタイルを含むQ&Aのアップロード
- ユーザー フィードバック機能
- 類義語辞書/対義語辞書登録
- 複数質問を登録する
- Q&A品質設定

AllganizeのAIソリューション