条件応答ノードを使用すると、簡単にユーザーエクスペリエンスをパーソナライズ化することができます。Skillフローが条件応答ノードに到達すると、指定された変数の値が条件を満たしているかどうかを判断し、Skillを適切に分岐させます。

条件応答ノードを活用するには、以下をクリックして始めます。

ノードとEditorは以下の通りです。

1.そのノードで使用されている変数です。
2.条件に応じてスキルを分岐させる「オプション」が表示されます。
3.Editorに追加されているオプションです。
4.[=]アイコンをドラッグして、オプションの順序を変えることができます。
条件応答ノードは、オプションを上からチェックしてパスを分割するため、この順序は重要なポイントになります。
5.クリックすると、そのオプションを削除、複製することができます。
6.クリックすると、新しいオプションを追加することができます。

[+オプションの追加]をクリックすると、Editorで条件の組み合わせである新しいオプションを追加できます。

1.保存せずにエディタのメイン画面に戻ります。
2.条件を確認する変数を選択します。
3.条件の種類を選択します。
  選択可能な条件タイプは、変数の型に応じて決定されます。
4.[TT]アイコンをクリックし、定数/変数を切り替えることができます。
5.この条件を削除します。
6.「AND」ロジックで検査する新しい条件を追加します。
7.保存してEditorのメイン画面に戻ります。

※条件「Similar to」について
  信頼値を調整して、類似性を判断する事ができます。

Example Skill Flow

参考までに、条件応答ノードを使用したフローの例を以下に記載します。

1.条件応答ノードは最初にオプション1の「@CONTRACT_STATUS」変数の値が「Contracted」であるかどうかを確認します。条件に合致している場合、①のメッセージを表示します。条件が合致しない場合、オプション2を確認します。

2.オプション2に合致している場合、②のメッセージを表示します。条件が合致しない場合、「その他」のパスをたどり、③FAQ応答ノードに進みます。

その他、条件応答ノードでは、システム変数を含む任意の変数を作成して使用し、条件とオプションを設定し、カスタマーエクスペリエンスをパーソナライズできます。 システム変数の詳細については、こちらのユーザーガイドを参照してください。