2020年は、世界的に難しい一年となっています。コロナウイルス、COVID-19の大流行は、ビジネス運営の方法を大きく変えてしまいました。従業員は自宅で仕事をすることを余儀なくされ、感染防止の流れから、業種によっては沢山の方が、失っています。株式市場は不安定なり、グローバルなサプライチェーンも揺れ始めました。

しかし、さまざまな新技術の適用と発展が加速しているのも事実です。
AI(人工知能)もその一つであり、多くの企業が様々な業務分野にAIを適用し始めています。この傾向はCOVID-19後の人工知能産業の将来を垣間見せています。企業は、この時期、戦略的に重要ではない、コストを削減する必要があると同時に、コロナウィルスの大流行以降、アフターコロナにおける成長戦略を検討する際に、人工知能が自社に大きな助けを与えることができる技術として認識され始めたのです。

多岐に渡って適用されたAI技術は人間の生活に、より深く浸透するようになる時期が来ています。例えば、薬品や食品などの物資を非対面で消費者に伝えることができるロボット配信、そしてこれを裏付ける自然言語処理(Natural Language Processing、NLP)技術などが含まれます。自然言語処理(NLP)がより高度になるにつれ、誤解が少なく、シームレスなユーザーエクスペリエンスを実現しながら、ニュアンス、人間の発話の文脈、書き言葉にうまく取り組むことができるようになります。

多くの人が在宅勤務を開始し、セミナー、ミーティングや会議などがZoomやSkypeのようなビデオ会議ソリューションを利用して行われるようになり、また同時に多くの企業が、今回の大流行により大きな売上損失を記録しています。在宅勤務は、業界を選ばず複数の企業で日常的な働き方として継続活用する可能性が高まっており、企業は建物保有や賃貸などの不動産資産への消費を削減し、その費用をAI導入などを活用した事業運営能力強化に投資する動きが予測されます。

医療関連部門

アフターコロナの病院は、病院収容能力の制限に起因する予約患者のスケジュール変更など、治療を必要とする患者は、人工知能から大きな恩恵を受けるでしょう。 AIがサポートするチャットボットと迅速な対応仮想アシスタントは、患者が効果的に医療サービスにアクセスするのに役立ちます。
チャットボットは、ヘルスケアサービスにおいて需要が急増し、主に医師や看護師の人材不足の場合に利用されます。 24時間体制でサービスを提供し、運用コストを最小限に抑えることができます。多くの患者は、病院を訪問したり、病院の予約をしたりしなくても、必要なサービスを受けることが可能になります。医師はメモを自然言語理解(NLP)に頼り、複雑な健康情報を解読することができます。AIがメモやその他の事務処理に関連するタスクの管理負担を引き継ぐことにより、医師は患者の診察により多くの時間を費やすことを可能にします。 AIは、医師や看護師に負担をかけるすべての管理タスクの自動化が可能です。
これは、医師や看護師のバーンアウト現象を低減するために大きく貢献できるものと期待されます。

製造部門

製造業は、コロナウイルスの流行以降、AI導入という面で最もドラマチックな変化が起こると予測されている産業です。ロボットプロセスの自動化(RPA、Robotic Process Automation)がこれまで以上に進行する事が考えられます。AI技術が適用されたロボットは、人間の介入を最小限に抑えながらも、より迅速かつ効率的に作業することができます。これは運用コストを削減するだけでなく、職場をより安全に保ちます。コロナウィルス流行中あるいはその後に、多くのメーカーは大規模な人員計画及び運営計画を変更するとみられており、企業は人工知能を適用してルーティンワークのほとんどを自動化する事で生産性を向上させ、従業員がより創造的な作業を行えるようになります。

マーケティング部門

マーケティング担当者に2020年は、コロナ以降の新たな環境を理解し、適応するための厳しい一年となっています。既存と全く異なるマーケティング環境でどのように効果的なマーケティングを実施するかについて誰も答えを持っていない状況では、多くのマーケティング担当者が新しい技術を導入して突破口を探しています。これコロナ以降のマーケティング領域にも、やはりAIが大きな変化をもたらすと思われるのですが、世界的に激変するマーケティング関連の顧客データから必要な洞察を抜き出すことはもちろん、これを活用して、さまざまな顧客のグループに最適化されたマーケティング戦略を立てるためにもAIベースのさまざまなサービスが多くの助けをもたらすでしょう。

教育部門

コロナ以降の教育部門でもAIは多くの変化をもたらすでしょう。人工知能は、教育現場での経験を一変させることが期待んですが、ウイルスが原因で、多くの教育機関が秒/中/高等を問わず、遠隔教育を積極的に導入するしかなかったし、これは学生にパーソナライズされたフィードバックを与えることができる方法や教師/講師の不在時にも適切なガイドを与えることができる方法の必要性を喚起しました。 AIが適用された様々な技術が、これに解決策として登場すると見えるが、例えば、自然言語処理(NLP)技術は、教師が課題を公正に採点してレビューすることができるように支援することができ、これにより、付加的な仕事量を大幅に削減与えることができます。あるいはAIが学習不振学生を未然に判別して、必要な支援を受けられるようにしてくれることもあり、教師は関連資料を活用して、本来の任務である知識の伝達にさらに充実することができます。

世界は今、歴史的な転換点に立っているといっても過言ではありません。コロナウイルスの大流行は、人々の生活の様子を大きく変えましたが、アフターコロナの世界がどのように変化するかについて大きな疑問を残しています。誰もまだ明確な答えを出せない状況ですが、人工知能がこのような状況下で大きな役割を担うと一般的に言及されています。まだ高度な技術の一つとして分類されていますが、人工知能は、今よりも、さまざまな面で私たちの生活にプラスの影響を与え、コロナ以降の世界経済へ、活力を吹き込むことができる一つの触媒になるでしょう。